アンビエント・ドライヴァー

クリックで画像を表示
クリックで画像を表示

著者:細野晴臣

中央公論社

2006年初版発行 (第4刷)
状態:A カバーに少し痛みがありますが、全体的にはきれいです。


本書は細野晴臣氏の複数の雑誌連載をまとめたもので、1995−1996年、そして2005−2006年という異なる時期の記事を1つにした変則的な内容になっています。
はっぴいえんどやティン・パン・アレー、YMO、そしてソロワークと様々な音楽的冒険をしてきた細野氏ですが、彼自身の頭の中でも、様々な思索が繰り広げ続けられてきていて、それが音楽にも色濃く影響しているのだということが、細野氏の本を読むととても良く分かります。
アンビエントの本質は「漂う」ことだと本書にありますが、まさにこの言葉が、海に漂うように思いを巡らせ、それを陸に上がって身体にフィードバックしていくという細野氏の生き方を表しているようです。



※本の状態についてはこちら
  • 価格:1,100円
  • 注文数:

[送料一律300円 / 3000円以上のご注文で無料]
本の状態の詳細を写真で見たいなど、ご希望がありましたらこちらからお問い合わせください。