書店の棚 本の気配

クリックで画像を表示
クリックで画像を表示

著者:佐野衛

亜紀書房

2012年初版発行 (初版)
状態:A 目立つ汚れもなく、きれいな状態です。


神保町の東京堂書店で37年に渡って書店員を務めた著者によるエッセイ。書店員としての思い出を記録した日記のようなものと、本についての思いや考えを綴ったコラムのようなものの、主に2つのタイプで構成されています。
本を「読むこと」と「理解すること」ー「デジタル」と「アナログ」の違いといった哲学的な考察が展開される一方で、作家さんや出版社とのやり取りなど書店員としての日々を綴ったラフなスタイルの日記があって、本好きにはとても興味深い一冊になっています。



※本の状態についてはこちら
  • 価格:850円

[送料一律300円 / 3000円以上のご注文で無料]
本の状態の詳細を写真で見たいなど、ご希望がありましたらこちらからお問い合わせください。