百年目の青空

クリックで画像を表示
クリックで画像を表示

著者:宮沢章夫

マガジンハウス

1999年初版発行 (第2刷)
状態:A カバー角に少し痛みがありますが、その他はきれいです。


劇作家であり、サブカルチャーに深い造詣を持つ宮沢章夫氏のエッセイ。不意に身につけてしまう、知りたくもない知識のこと。バンド募集の珍妙な告知文のこと。マッチ棒やトイレットペーパーで作った工作物と、ゴミとの境界線のこと。
日常の中に潜む小さな出来事を拾い上げ、ゆる〜く、それでいて哲学的に語る一冊です。



※本の状態についてはこちら
  • 価格:400円
  • 在庫数 : 0

[送料一律300円 / 3000円以上のご注文で無料]
本の状態の詳細を写真で見たいなど、ご希望がありましたらこちらからお問い合わせください。