マンハッタン少年日記

クリックで画像を表示
クリックで画像を表示

著者:ジム・キャロル

訳:梅沢葉子

晶文社

1982年初版発行 (第17刷)
判型:四六版
状態:B カバーに少し痛みがありますが、本体はきれいです。


詩人であり、後にミュージシャンとしても活動したジム・キャロル氏が13歳から16歳までを綴った日記。少年時代からすでにドラッグ中毒に悩まされ、強盗や売春などを働くという、文章の素晴らしさも含めて本当に13歳かよと疑いたくなるような、なかなかにぶっ飛んだこの日記。ケルアックやバロウズなど、ビート・ジェネレーションの旗手達にも絶賛されたという、伝説的作品です。




※本の状態についてはこちら
  • 価格:600円
  • 注文数:

[送料一律300円 / 3000円以上のご注文で無料]
本の状態の詳細を写真で見たいなど、ご希望がありましたらこちらからお問い合わせください。