サバイバル登山家

クリックで画像を表示
クリックで画像を表示

著者:服部文祥

みすず書房

2006年初版発行 (第10刷)
判型:四六判
状態:A カバーに少し痛みがありますが、全体的にはきれいです。


「気がついたら普通だった。それが僕らの世代の思春期の漠然として重大な悩みである。おいしい食べ物や暖かい布団があり、平和で清潔だった。そして僕らはいてもいなくてもかまわなかった。」
まるで青春小説の始まりのような叙情的な文章。表紙を飾る、獣のような瞳で肉に食らいつく、野性的な風貌からは少し想像がつかないのですが、服部文祥という人は、とても繊細な心の持ち主だということが、この本を読むとよくわかります。
彼が提唱する「サバイバル登山」の内容については、後に詳しく語られたものが何冊か出ていますが、読み物として特に面白いのはこの「サバイバル登山家」だと僕は思います。休みの日は家から一歩も出ない、登山なんてもっての他の、インドア志向の人にもおすすめしたい一冊。



※本の状態についてはこちら
  • 価格:1,200円
  • 注文数:

[送料一律300円 / 3000円以上のご注文で無料]
本の状態の詳細を写真で見たいなど、ご希望がありましたらこちらからお問い合わせください。